あかりん

illust.akarin

 

早稲田卒のゆるい関西人。

大好きな会社で働きながら、グラフィッカーやイラストレーターをしています。

会議・講演会・大学の授業・結婚式・人生・キャリアプラン・夢・目標など、なんでも絵にします。アイコンや名刺もデザインします。

インドにてヨガインストラクターの資格を取得。食生活アドバイザー2級取得。
描くを通して「生きる」にまっすぐ向き合いたい。
世界に色が増える、を目指して描いています。

可能な業務/スキル

  • グラフィックレコーディング
  • グラフィックコーチング
  • 手書きイラスト作成
  • 手書きロゴ作成
  • 名前スタンプ作成
  • ヨガインストラクター

実績例

企業様/団体様

  • 株式会社LOTTE
  • 関西ペイント株式会社
  • ヤマハ発動機株式会社
  • 熊本県山都町
  • 松竹株式会社
  • 株式会社TABIPPO
  • 株式会社hinto
  • 株式会社クレアン
  • 公益財団法人みらいRITA
  • 早稲田大学大隈塾
  • 内閣府主催ぼうさいこくたい
  • 由縁別邸 代田
  • 株式会社Dream3.0
  • T’s bar
  • 一般社団法人アソボロジー
  • ハゼノネコーヒー
  • SHIBA CURRY
  • NaLab.ならぼ
  • NPO法人リテル
  • 一般社団法人ストーンスープ
  • 一般社団法人ソーシャルギルド
  • 夢中教室
  • 株式会社MATCHA
  • 大人向け英検1級オンラインスクール MePlace

イベント関連

  • インバウンドサミット2021/2022
  • 内閣府主催ぼうさいこくたい
  • カフェ・コーヒー・コリア Beyond the Border展  

授業/講座

  • 早稲田大学大隈塾
  • 株式会社TABIPPO主催POOLO
  • 社会問題解決インフルエンサーコミュニティの講座
  • クリエイティブアカデミーの講座
  • デザインスクールの講座  

人生/キャリア

  • 80名以上の人生とキャリアをグラレコ
  • 就活支援/転職支援
  • グリーフケア(グリーフグラフィックケア)

グラレコ講座

  • 初心者向けグラレコ講座の実施
  • グラレコに関するブログの執筆  

イラスト/アイコン/ロゴ

  • 名刺/SNSのアイコン/イラスト作成
  • 移動式レストランのロゴ
  • オリジナルアクセサリーのロゴ
  • カレー屋さんのイラスト

グラレコに関する情報:あかりんブログ_グラレコ

ヨガに関する情報:あかりんブログ_ヨガ

暮らしに関する情報:あかりんブログ_暮らし

学歴/資格

  • グラフィックコーチング商標登録済み
  • 早稲田大学卒
  • WEデザインスクール卒
  • THE CREATIVE ACADEMY卒
  • ヨガインストラクター
  • 食生活アドバイザー2級
  • 教職免許(中高英語)

掲載記事

サービス例

  • あなたの人生、絵にします。
    あなたの人生をヒアリングし、1枚の絵にします。
    サービス詳細はあなたの人生、絵にしますにてご覧いただけます。
  • 2人の人生、絵にします。
    兄弟、姉妹やカップルのこれまでをヒアリングし、1枚の絵にします。
  • オリジナル名前スタンプ作成
    世界に1つだけのオリジナルスタンプを作成します。
    サービス詳細は、Instagram(stamp_yururi)よりご覧いただけます。
  • ああ、ロゴになる
    オリジナルのあなたのロゴを作成します。

※守秘義務の都合上、記載できない実績もございます。個別にはお話できるものもございますので、ご興味を持っていただけましたらお気軽にご連絡ください。

活動時間/連絡について

できる限り柔軟にご対応させていただきます。急ぎの案件等もお気軽にご相談ください。
連絡は基本的にいつでも可能です。できる限り素早い返信を心がけますが、急ぎの仕事が入っている場合はお時間をいただくこともございます。ご了承いただければ幸いです。

得意/好きなこと

  • 気持ちに寄り添うことや、温度感のあるイラストやグラレコが得意です
  • 「描く」を通じて、あたたかい世界が広がると良いなと思っています

生い立ち

感受性に蓋をしたかった日々(幼少期)

感受性が豊かである一方で、感じているものを上手く捉えられずに苦しんだ時期。感じているものに対して思考と言葉が追いつかず、ただただモヤモヤする。

腕がない人を見てショックを受けてしまった経験から、傷つけたり差別したりする気持ちは全くないにもかかわらず、自分のコントロールが追いつかない範囲で心や身体が反応してしまう状況がとても怖いと感じる。

どこに遊びに行っても、怖いものやショックを受けるものに出くわしてしまったらどうしよう、という不安があり、感受性のヒダをあえて鈍くすることで、感じないように努める。

ベトナムにて「生・死」を突きつけられる

大好きな祖父母が広島出身なことや自身の感受性に関する恐怖も乗り越えたく、ベトナムの孤児院や戦争証跡博物館に訪れる。重度の「障害」を抱えながら生きる子どもたちとの出会いや、戦争当時の残酷な写真や資料を見る中で、生や死を突きつけらる。

「生きるって何なんだろう」「死ぬことと生きることの違いは何?」「何をもってして生きると言えるの?」「未来や希望って当たり前に使って良い言葉なの?」そんな想いが涙となって溢れる。

グラレコとの出会い

大学の授業にて、グラフィックファシリテーションという存在を知る。教授に頼み、講師の方のお話を聴きに行った先で、言語化できていない感情に色や形で寄り添うという考え方に出会う。

感情が言語に追いつかなかった小学生の自分を思い出し、あの時、色や形で寄り添ってもらえたらもう少し楽だったかもしれないなあと心から実感。私が色や形で寄り添える人になろうと思いたち、グラフィックレコーディングをはじめる。

また、苦しかった小学生の頃を思い出し「感じること」それ自体は、善も悪もなく、ただそこにあるものであり、受け入れられるに値するものなのだと捉え直すことができるようになる。

どんな人もまずはそのままの存在が受け入れられて欲しいし、その人自身が自分の人生に拍手を送れるようだと良いなと思い、「あなたの人生、絵にします」というサービスをスタート。

「生きる」を感じるインドでヨガ1ヶ月

ひとり旅で訪れた際に惹かれたインドに再訪。生死や人や動物など、あらゆるものが混沌としている中で、それでも生きるという強いエネルギーを持った国だなあと思う。

1ヶ月間ヨガインストラクターの資格取得に向けて、心身と向き合い、学んでいく中で「ただ、生きる」ということの実感を得る。また、自分が愛されてきたんだというあたたかい感覚に気づく。

「社会を生きる」を経験する

就職して3年弱が経過。「あかりが就職するの?」「まだやめてないの?」と驚かれることが多い中、健康に働けていることに感謝と自信が生まれる。

生きる上で大切にしたいことや、その一部である「はたらく」に対する自分のスタンスが間違ってなかったことを再認識できる。感謝!

ご相談はInstagramまたはTwitterのDMにて受付中です。お気軽にお声がけください。
どうぞよろしくお願いいたします!